堀内法律事務所のブログ「止まり木」にようこそ。

当ブログでは、事務所のスタッフ(+α)が、身近な四季の風景や、思い出の風景、 おすすめの本の紹介などを綴りながら、 ここでちょっと羽休めをしております。

お時間がおありでしたら、止まっていってください。

国民調査

 もうすぐ新米の季節がやってくる。炊きたてのごはんがとびきり美味しくて、それだけでご馳走だが、さらに美味しく食べるために、ごはんのお供を一品選ぶとしたら何にしようか。
 新米1「何はなくとも、桃屋の江戸むらさき」というCMが昔テレビで放映されていたが、私はやっぱり明太子だ。何はなくとも明太子!できれば福岡の明太子がいい。熱々のごはんに明太子さえあれば、言うことなしである。
 ところで日本国民なら誰でも炊きたてのごはんを好むと思うが、お供の一品にはなにを選ぶのだろう?早速調査にとりかかってみた。といっても対象は、私の友人や知人限定のごく小規模な国民調査だった。
 まずは仲良しの暢子さんと寿美子さんに聞いてみた。

「なんと言っても梅干よ!」と暢子さんが言った。
「柔らかな果肉の、高級梅干でしょ?」
「ううん。自分で漬けたもの。シワシワで固い梅干。あれでごはんをもりもり食べたいわ~」
 現在闘病中で、厳しい減塩生活に耐えている彼女の言葉はちょっとせつない。
「私は壺漬けがいいな。ごはんを引き立てる名脇役って、漬物だと思うわ!」
と、九州出身の寿美子さんが断言した。
 漬物ね……、ぬか漬けのつややかな茄子や胡瓜が思い浮かんだ。だが、私の中で明太子は不動だ。
 翌日美容院に行ったので、美容師の西川君にも質問してみた。
「う~ん。むずかしいっすね。自分的には鮭かな。今なら戻り鰹のたたきもいいし、シラス干しに大根下ろしも捨てがたい……、う~ん、やっぱ鮭にします! マジ三杯はいけます!」
 鏡の私ににっこり笑って言った。海のない県の出身と聞いていたが、意外にも魚好きだったのね。
 その晩、甥っ子のミッキーがやって来たので、彼にも協力を要請した。
「そりゃあ、絶対卵でしょ! 卵がけごはんなら何杯でも食べられるよ」
 ミッキーは昔からせっかちだったが、卵がけごはんとは彼らしい。たくさん食べられるけどご飯そのものを味わっているのかな?
 仕事仲間の翠さんにも尋ねてみた。
「今ね、炭水化物ダイエットしているから、そういう質問は困るんだけど……あえて言うならタラコかキムチよ。やっぱりタラコにするわ!キムチは韓国の民に譲る。上等なタラコをお刺身のように切って、炊きたてのごはんと共に食べるの。あ~あ、食べたくなっちゃったじゃない。だから困るのよ!」
なんだか嬉しそうだ。長い付き合いだがそんなにもたらこが好きだったとは知らなかった。
 国民調査も終わりに近づいた頃、大学のゼミの先輩の村木さんがメールをくれたので、返信のついでに質問を添えておいた。すると、
「美味しい塩辛で日本酒を飲んだ後、残りの塩辛を炊きたて御飯にのっけて食べるのが最高!」と、いかにも酒豪の村木さんらしい答が送られてきた。
新米2 最後に小さな会社を経営している知人に聞いてみた。
「それはネギ味噌だよ!」と、何の迷いもなく答えた。
 少年時代、彼の実家では日曜農業をやっていて、春になると畑にネギが育ったという。その柔らかな穂先を刻んで味噌とまぜ、母がいつも食卓に並べてくれたと懐かしそうに語った。表情がいつになく弛んでいる。
 炊きたてのごはんに「おふくろの味」。これ以上のお供はないだろう。

カテゴリー: 思い出の風景 | 国民調査 はコメントを受け付けていません。

花だより ~初秋に咲く花々~

初秋の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
秋風が心地よく感じられるこの季節には、西行の句が思い出されます。

おしなべてものを思はぬ人にさへ心をつくる秋のはつ風 (西行)

カワセミ秋

まさに、こちらの写真、
当事務所トレードマークのカワセミが
なんだか物思いにふけっているようで
なんとも郷愁にかられます。

視線の先には、
何が見えているのでしょうか。

 

さて、みなさんは秋に咲く花と聞いて、どんな花を思い浮かべますか。
代表的なところでは、コスモス、キク、キンモクセイ、ヒガンバナといったところでしょうか。

今回は、お散歩中に見つけた花々を有名な秋の句や歌とともにご紹介します!

2017秋_042017秋_05

はつ秋の日のひかり吹きてさやさやと何か笑ましく風の行くあり(中村憲吉)

2017秋_03

秋風やむしりたがりし赤い花(小林一茶)

2017秋_06

鰯雲ひとに告ぐべきことならず(加藤 楸邨)

2017秋_01

日毎に深まりゆく秋を楽しみたいと思います。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 花だより ~初秋に咲く花々~ はコメントを受け付けていません。

夏季休業のお知らせ

 盛夏の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、当事務所は、
  2017年8月11日(金/祝)より8月15日(火)まで
 夏季休業とさせていただきます。
  8月16日(水)より平常どおり業務を開始いたします。

カワセミ8月

 連日暑い日が続きますが、ご体調崩されませんようご自愛くださいませ。

カテゴリー: 未分類 | 夏季休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

花だより ~香り立つ初夏の花々~

 初夏の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 本日は、この時期に咲く可憐な花々をお写真とともにお届け致します。

 まずは、やわらかな蓮の花に包まれるようにして凛と佇むカワセミの姿を。
 藤原定家の歌とともにお楽しみください。

 はちす咲くあたりの風のかほりあひて心のみづを澄す池かな
 (訳:蓮の花が咲く池の風に乗って、あたりに蓮の香気が漂っている。私の心まで澄んでいくようだ。)

蓮と翡翠

 続いては、この時期、足を運ばれた方も多いでしょうか。
 鎌倉の紫陽花と岩タバコです。
 どちらも鎌倉へ夏を告げる花として古来より親しまれています。

IMG_1689

IMG_1690 IMG_1691

 こちらは、いまちょうど見ごろを迎えている所沢のゆり園です。
 地元の方のお話によると、満開になると辺り一帯が甘い香りでつつまれるため、観に行かなくても今どれくらい咲いているのか分かるそう。
FullSizeRender

 お散歩にはあいにくの涙空も、ここでは最高のシチュエーション。
 雨滴のおかげで百合の花がより一層色っぽく、美しく香り立ちます。

IMG_1618 IMG_1619

IMG_1610 IMG_1620

 最後は、職員の自宅で育てているクチナシの花です。
 花ひらいてから、クチナシの甘い香りで目が覚めるようになりました。

IMG_1449

 可憐に咲き誇る花、花ひらくその時をじっと待ちわびる花、はたまた枯れゆく花・・・。
 一つの鉢の中で代わるがわる咲く花々の、そのどれもが美しく、時間が経つのも忘れて見惚れてしまいます。
 剪定ついでにドライフラワーのミニブーケを作ってみました。

IMG_1655

 雨ニモ負ケズ…ならぬ、雨露さえも味方にして凛と咲き誇る花々をもう少し楽しみたいと思います。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 花だより ~香り立つ初夏の花々~ はコメントを受け付けていません。

「当意即妙」 

 思い出すたびに笑ってしまう楽しいジョークがある。私のとっておきはイギリスの元首相チャーチルのジョークだ。
当意即妙2 イギリス初の女性下院議員のアスター子爵夫人と口論になったとき、負けず嫌いの彼女がチャーチルにむかって腹立たしく言った。
「ウィンストン、もしあなたが私の夫でしたら、コーヒーに毒を入れますわよ」
 チャーチルは答えた。
「もしあなたが私の妻だったら、それを即飲んでしまうでしょうな」

 チャーチルのジョークをもう一つ。こちらは第二次大戦中にホワイトハウスに招待された際の伝説的なジョークである。
 その晩チャーチルはルーズベルトと内密な打ち合わせをする予定だったが、ルーズベルトが遅いので風呂に入ることにした。風呂に浸かり始めたその時、誰かが部屋に入ってきてチャーチルの名を呼んだ。誰だろうとチャーチルはバスローブを羽織るのも忘れて風呂を出た。それがルーズベルトだとわかって仰天したが、素っ裸のチャーチルを見てルーズベルトはもっと仰天した。ここで慌ててはいけないと思ったチャーチルはとっさにそのまま腕を悠然と広げ言った。
当意即妙1「ようこそ大統領。ご覧のように大英帝国首相は合衆国大統領に対して何一つ隠し立てするものはありませんぞ」
 こんなにもウィットに富んだことを当意即妙に言えるとは、チャーチルはよほど頭がよくて、言葉のセンスも卓越した人物だったのだろうと感心せずにはいられない。

 そんな人物はめったにいないのだが、それが私の個人ランキングで第二位に輝く人物が現れた。あくまでも個人レベルのランキングで、チャーチルとは比べようにないのだが・・・。
 家族と伊豆に旅行に出かけたときのことである。当時八十を過ぎても意気盛んな祖母は大の温泉好きで、旅館に着くや否や一人でお風呂に行ってしまった。
 これはその後に本人から聞いた話なのだが、
 時は午後三時。大浴場に客はなく、一人で心ゆくまで湯につかり、やおら湯船から出て立ち上がったとき、浴場の戸が開いて誰かが入ってきて対面となった。それが男性だったので、祖母はびっくり仰天したが、その男性のほうがもっと仰天したようだった。だが男性はすぐに気を取り直し、穏やかに言った。
「この世の見納めにたんと眺めていきなされ!」
 この温泉は混浴だったのではない。祖母が男湯に間違って入っていたのだ。
「頭を丸めておられたし、黒い袈裟のようなものが脱がれてあったから、お坊さんだったのかねぇ……」
 温泉の熱気と恥ずかしさで、顔を真っ赤にさせて祖母が言った。
「う~ん、その人は名だたる高僧だったかもしれないわね……」
 私は笑いながら言った。
当意即妙3 そんな緊急時にそれほど慈愛に満ちたジョークをとっさに言えるなんて、よほど修行を積んだお坊さんに違いない。その推理に家族全員が頷いた。
 あれから何年経ても、当意即妙な高僧のジョークはいまだに忘れられない。思い出すたびに笑いと感動がこみ上げて来る。
 次は第三位の発表だが、長くなるので次回また。
 ―続く。

カテゴリー: 思い出の風景 | 「当意即妙」  はコメントを受け付けていません。

溜池山王グルメのご紹介~聘珍樓~

こんにちは。
事務所横の日枝神社前の大銀杏の木には青々とした葉が芽吹き、
太陽に照らされ輝いています。
朝晩はまだ冷え込みますが、少しひんやりとしつつカラッとした空気が
とても心地よく感じる、そんな季節です。

さて、今日は、溜池山王駅すぐの中華「聘珍樓」のランチをご紹介したいと思います。
このお店のランチで一番のオススメは「飲茶ランチ」です。

 

まずは

①本日のサラダ。

ドレッシングが絶品でした。お野菜がいくらでも食べられます。

1.本日のサラダ

 

 

 

 

 

 

②つぶ貝入りのスープ。

濃厚なスープに、具材もたっぷり。

一口食べるごとに空っぽだったお腹に染みわたり

少しずつ満たされていくのを感じます。

2.本日のスープ(つぶがい入り)

 

 

 

 

 

 

③蒸しもの点心いろいろ。

フカヒレ入りの餃子や、エビシュウマイなど。

この飲茶を食べるためだけに訪れたくなるほど、

どれも肉汁たっぷりで、本当に美味しかったです。

3.本日のおすすめ四種点心

 

 

 

 

 

 

④揚げもの点心

お料理のみならず、器もとても素敵です。

陰陽を表す太極図のようなお皿。

かわいいと思いませんか?

3.揚げ点心(大根モチ、エビ)

 

 

 

 

 

 

⑤ホタテのニンニク蒸し。

ニンニクの香りが食欲をそそります。

大きな帆立貝でしたがひとくちで頬張りました。

4.ホタテのニンニク蒸し

 

 

 

 

 

 

⑥豆乳の杏仁豆腐。

最後のデザートは、お待ちかねの杏仁豆腐。

一口食べた瞬間、口いっぱいにやさしい味が広がり

思わず顔を見合わせてにっこり。

まろやかな口どけがたまらない一品でした。

6.豆乳で作った杏仁豆腐

 

 

 

 

 

 

美味しい料理に会話も弾み、

気が付けばあっという間に時間が過ぎてしまいました。

たまには日ごろのご自身へのご褒美にこんな贅沢もいかがでしょうか。

カテゴリー: 山王さんぽ, 日枝神社の傍より | 溜池山王グルメのご紹介~聘珍樓~ はコメントを受け付けていません。

春の特別企画  美しい桜の歌とともに

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
今年は桜の開花シーズンとなっても気温が上がらず、
いまかいまかと花開くのを待ちわびていましたが
ようやく、都内の桜は満開を迎えています。
事務所横の山王日枝神社の桜も、春のあたたかな空気に誘われて
元気いっぱいに花を咲かせています。

IMG_2349IMG_2342

 

 

 

 

 

 

 

今回は、春のブログ特別企画として、
桜をテーマにした俳句や短歌、詩を事務所スタッフ(+α)がセレクトし、
それぞれのひとこと感想コメントを添えて、桜の写真とともにお送り致します。

ブログ内ではありますが、お花見を楽しんでいただけると幸いです♪

 

千鳥ヶ淵2

松尾芭蕉

さまざまのことを思ひだす桜かな

桜を見ると、自分の人生の悲喜こもごもの思い出がよみがえり胸が熱くなります。

 

 

西行法師葛西臨海公園3

散るとみればまた咲く花のにほひにも
後れ咲き立つためしありけり

それぞれに、少しずつ。大きな流れの中で、ただひたむきに自分の花を咲かせてみたいものです。

 

 

種田山頭火                 千鳥ヶ淵(桜と国会)        
さくらさくらさくさくらちるさくら    
咲くのも散るのも桜の美。
あれこれ咲いて桜も咲いている
様々に咲き誇る春、しかし桜は格別。
さくらまんかいにして刑務所
桜、春、始まり。これから、これから。

 

 

良寛
散る桜残る桜も散る桜              葛西臨海公園1
生きとし生けるもの宿命。限りある命。
一日一日を大切に生きていこう。

紀友則
ひさかたのひかりのどけき春の日に
しづ心なく花の散るらむ

美しい日本語からあたたかで素晴らしい春の情景が浮かびます。

 

いかがでしたか?
この企画を通じて、短い言葉の中にも、
季節を感じ、情景を楽しむことができる短歌や俳句、詩の素晴らしさや日本語の美しさを再認識することができました。
また季節ごとにこのような企画を行いたいと思っています。
どうぞお楽しみに!

 

カテゴリー: 日枝神社の傍より, 身近な四季の風景 | 春の特別企画  美しい桜の歌とともに はコメントを受け付けていません。

さすらいの天使

 1945年ベルリンに生まれたミヒャエル・ゾーヴァのイラストは非常にユーモラスで幻想的で、不思議な楽しさに満ちている。作家が自ら認めているごとく、ジャンルとしては風刺画に属し、どれも見ると思わずシニカルな笑いがこみ上げてくる。
 だがそれだけではない。何故か物語が浮かんでくるのである。イラストに描かれているのはネコやブタやウサギなど動物が多いが、下のように人間が描かれているのもある。

 この絵を見ながら人はどのようなストリーを展開させるのだろうか。私が想像したのは以下のとおり。題して「さすらいの天使」。
 たった一枚の絵ハガキで半日も楽しませてもらった。よかったら時間潰しにどうぞ。

さすらいの天使01

 一人の美しい若者が死にました。善良だったので、すぐに天国に招かれました。神さまの前に立ったとき、
「私には恋愛の経験が一度もありません。せめて一目だけでも愛する女性の顔を見たかったです」
と、端整な顔をしかめて言いました。

 その様子があまりにも哀しげだったので、神様は不憫に思われ、
「それではそなたにチャンスをあげよう。もう一度下界に戻って、希望を叶えてきなさい」
 そう言われると、側で仕えている天使に羽の付いた衣装を持ってくるように命じられました。
「これを使いなさい。時空を超えてすぐに下界に戻れるし、風に乗ってどこにでも行けるから、女性を見つけ出すのに便利であろう」

 若者は大喜びで着替え、お礼を述べると、すぐさま飛び降りていきました。若者の脱いだ服の横に百合の花が一輪落ちていました。それを拾われた神様は天使に訊ねられました。
「もしやあの衣装は昔ガブリエルが着ていたものか?」
「はい。マリア様にご懐妊を告げに行かれたときのお衣装です。羽がだいぶ消耗して小さくなっておりましたが、まだ十分使えます。姿かたちがガブリエル様とよく似ていらしたので、サイズが合うかと思いお持ちしました」
「ふ~む。それは……」
と、神様は一瞬困った表情をされましたが、すぐに穏やかな顔に戻られ、
「まあ、それも良かろう……」と、百合の花の匂いを吸い込みながら微笑まれました。

 さて天使の姿をした若者は下界に戻り、地上を飛びながら愛する女性を見つけることにしました。
「早く会いたい、どんな女性だろう。きっと愛らしい人に違いない。いや、ただ愛らしいだけではない。身も心も清らかで、気高く、優しく、聡明な女性。そうだマリア様だ! マリア様のような人を見つけよう」

 若者がそう思い込んでしまったのも無理はありません。実は彼が着た衣装にはガブリエルの熱い意気込みがそのまま残っていて、若者の体に乗り移ってしまったのです。
 しかしマリア様のような女性がいるでしょうか?
 世界の果てから果てまで若者は飛び続け、根気よく探し続けましたが見つかりません。いつしか彼の頭は禿げあがり、すっかり中年男になっていました。それでも諦めずに探しまわっていると、ついに中東の牧草地帯に「マリア」という名の美しい女性がいるという情報が入りました。
 急いでその場所に向かうと、何とそこはイスラエルのガリラヤ湖に近い場所でした。丘の上で少女が牧草の手入れをしていました。青のマントがよく似合っています。
「ああ! 灯台下暗しとはこのことだ。まさかこの地にいたとは……」
 ついに出会えた喜びに打ち震え、嬉しくて泣き出したいほどでしたが、男は気持ちを抑え威風堂々と降下していきました。あまりに長くさすらっていたので、その間にガブリエルの想いが体のすみずみまでに浸透し、立派な告知こそがさすらいの使命だと思うようになっていたのでした。
「おめでとう! 恵まれた方。あなたは選ばれました!」
 轟くような大声に驚いて少女が見上げると、白く巨大な物体が自分の方にめがけて近づいています。そして自分を指差しながらまた高らかに叫びました。
「マリア、恐れることはない。あなたは身ごもってわたしの子を産む。その子は偉大な人になり……」
「ちょっとおじさん! 何言ってんの? そんな変な格好して、頭がおかしいんじゃない。私忙しいんだから話かけないで。それに私マリアじゃないし、マリアってうちのホルスタインよ。そこにいるでしょ」
 怒りながら少女が振り向くと、乳牛のマリアはすでに猛烈な勢いで逃げ出してしまっていました。

 何故乳牛は逃げだしたのか? 答えは簡単。何回も出産させられ、もうこりごりだったのである。

カテゴリー: 日枝神社の傍より | さすらいの天使 はコメントを受け付けていません。

春の訪れを待ちわびて

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とはうまく言ったもので、気が付けばあっという間に弥生の季節となりました。
 少しずつ花の便りが聞かれるようになってきた今日この頃。
 本日は、菜の花をテーマにした春の句をご紹介します。

* * *

菜の花や月は東に日は西に

 こちらの句は、江戸時代の俳人であり画家でもある与謝蕪村が、現在の神戸市灘区にある六甲山地の摩耶山を訪れたときに詠んだ句だそうです。
 眼前に広がるは、穏やかに暮れゆく菜の花畑。ふと見上げると、東の空に青から藍へ藍から漆黒へと濃く深く夜を彩りながら顔を出し始めた満月が。西の空へと視線を移すと、辺り一面を夕焼け色に染めながら大きな太陽が沈んでいく。
 想像しただけで思わずため息をついてしまうような情景が、17の文字の中にギュッと凝縮されているようです。

■与謝 蕪村(よさ ぶそん)
享保元年(1716)~ 天明3年(1784)。「蕪村」とは中国の詩人陶淵明の詩「帰去来辞」に由来すると考えられている。俳号は蕪村以外では「宰鳥」「夜半亭(二世)」があり、画号は「春星」「謝寅(しゃいん)」など複数ある。

* * *

菜の花といふ平凡を愛しけり

 皆さんは菜の花と聞いてどのようなイメージをお持ちになりますか。
 菜の花はバラなどと違って比較的平凡でどこにでもある花というイメージがありますが、この歌を詠った富安風生は、その平凡さこそが愛おしいと感じたのでしょう。
 ちなみに、菜の花の花言葉は「小さな幸せ」「豊かさ」。
 平凡な毎日の生活のなかにちょっとした小さな幸せを見つけて心豊かに毎日を過ごせたら素敵なことですね。菜の花はその佇まいや花言葉ひとつをとっても、とても親しみやすい花だと感じます。

■富安 風生(とみやす ふうせい)
明治18年(1885)~昭和54年(1979)。愛知県出身の俳人。高浜虚子に師事。逓信省に勤めながら俳誌「若葉」を主宰。温和な作風で知られた。

* * *

 続いては、比較的現代の俳人による句です。

ニット着て一本の菜の花になる

 読む人の世代が変わると、句の内容もぐっとモダンに。
 春になると菜の花色のようなパステルカラーの洋服を着てお出かけしたくなりますね。

■今井 聖(いまいせい)
昭和25年(1950)~。俳人、脚本家。新潟県生まれ、鳥取県育ち。句作は14歳のときよりはじめ、1971年「寒雷」入会、加藤楸邨に師事。1981年、楸邨の推薦により寒雷集賞受賞。

* * *
 
 最後にカワセミと菜の花の写真を。

菜の花と翡翠

 カワセミの鮮やかなブルーと、菜の花の温かみのある黄色と緑の組み合わせが素晴らしく、とても癒されます。
 いつまでも見ていたい写真です。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 春の訪れを待ちわびて はコメントを受け付けていません。

梅が香に追ひもどさるる寒さかな

梅 立春の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

  東風吹かば匂いおこせよ梅の花主無しとて春を忘るな

「春の風が吹いたら、また美しい花を咲かせて香りを届けておくれ、梅の花よ。私がいなくなっても、春に花咲くのを忘れないでいておくれよ。」

 この短歌は、無実ながら政略により京都から大宰府に左遷された菅原道真公が、大好きだった京都の紅梅殿の梅に向けて詠んだ歌として、ご存知の方も多いかと思います。この話は現在も「飛梅伝説」として語り継がれており、毎年この時期になると、大宰府天満宮(福岡県)の境内にある約6000本の白梅・紅梅が、その芳しい香りで参拝者を包み込んでくれます。

 同じく見ごろを迎えた江戸川区の葛西臨海公園の花々とともに、ぜひ歌の世界に思いを馳せてみてください。

梅_05

梅_03

梅_02

02
 
 この時期になると聴きたくなるのが、松任谷由美さんの『春よ、来い』。梅の花を見上げながら歌の詞一つ一つを思い描いてみると、外国語への翻訳が難しい、日本語ならではの語感やその表現に思わず感じ入ってしまいます。

 最後に、緋寒桜とメジロの可愛らしい一枚を。

梅_04

 次第にあたたかくなっていく日々を待ち望みつつ。どうぞ、みなさまご自愛くださいませ。

※タイトルは芭蕉の句で、「芳(かぐわ)しい梅の花が厳しい余寒の中に凛として咲き匂っている。その様を見ると、この梅の香りに寒さが追い戻されてきたかとさえ思える。」の意。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 梅が香に追ひもどさるる寒さかな はコメントを受け付けていません。