堀内法律事務所のブログ「止まり木」にようこそ。

当ブログでは、事務所のスタッフ(+α)が、身近な四季の風景や、思い出の風景、 おすすめの本の紹介などを綴りながら、 ここでちょっと羽休めをしております。

お時間がおありでしたら、止まっていってください。

蓮の花とカワセミ

 あっという間に7月に入ってしまいました。まだ7月なのにもう真夏並みの暑さですね。

 夏の花といえば蓮の花です。泥沼の中から美しい花を咲かせます。
 人間世界も泥沼のようで、最近は滅入るようなニュースばかりですが、蓮の花を見習い、美しい花を咲かせる心持を抱き続けたいと思います。

 本日は「蓮の花とカワセミ」というテーマで短歌や俳句をご紹介します。
 文末には「蓮」と「睡蓮」の違いについても少しご紹介しておりますので、そちらも良かったらお楽しみください。

◇ ふいと来て見るもうれしや蓮の花
◇ 桃色は弁天様のはちすかな

正岡子規 1867年~1902年
明治時代を代表する俳人。名は常規。俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした。

pixta_2241836_S

◇ 根のことは想はず蓮の華を見る

山口誓子 1901年~1994年
京都府出身の俳人。本名は新比古。高浜虚子に師事。昭和初期に水原秋桜子、高野素十、阿波野青畝とともに「ホトトギスの四S」とされた。

◇ 蓮白しもとより水は澄まねども

千代女 元禄16年(1703年)~安永4年(1775)加賀
江戸時代中期の女流俳人。別号、素園。51歳頃剃髪して千代尼と呼ばれた。加賀の松任 (まっとう) の表具屋福増屋六左衛門 (一説に六兵衛) の娘。

pixta_3220650_S

◇ 君と見し蓮池君を見に行かむ

山口誓子

◇ 風の蓮広し荒海さながらに

阿波野青畝 1899年~1992年
奈良県出身の俳人。本名は敏雄。高浜虚子に師事。昭和初期に山口誓子、高野素十、水原秋桜子と「ホトトギスの四S」と称された。

pixta_35991306_S

◇ 蓮毎に来るべし新たなる夏

夏目漱石 1867年~1916年
日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目金之助。

◇ うす縁や蓮に吹かれて夕茶漬

小林一茶 1763年~1828年
信濃国生まれ。本名は小林弥太郎、一茶とは俳号。「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立して松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ江戸時代を代表する俳諧師の一人となった。

◇ おのずから月やどるべきひまもなく池に蓮の花咲きにけり

西行 1118年~1190年
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。俗名は佐藤義清。

【蓮と睡蓮の違い】
「 蓮 」 しっかりした茎を伸ばし水面より上で花を咲かす。
「睡蓮」 水面に浮くように、水上にひょっこり顔を出すように花を咲かせる。

「 蓮 」 葉は光沢があり、円形で撥水性あり。
「睡蓮」 葉に切れ込みがある。撥水性なし。

「 蓮 」 ヤマモガシ目ハス科 レンコンは「蓮」の根。
「睡蓮」 スイレン目スイレン科 モネの絵

せっかくなので、睡蓮の俳句も少しだけ・・・

◇ 遠く咲く睡蓮ひとつ去りがたし

成瀬櫻桃子 1925年~2004年
岐阜県岩村町に生まれ俳人。本名・冨造1940年より句作。久保田万太郎、安住敦に師事。

◇ 睡蓮のしばらく人を絶ちて紅し

深見けん二 1922年~
福島県出身の俳人。本名は謙二。東京帝国大学卒業。卒業後は日興エンジニアリング勤務。高校時代の1941年より高浜虚子に師事、20歳の頃に深川正一郎の指導を受ける。

以上、いかがでしたでしょうか。

 蓮は7~9月に開花期を迎え、7月中旬~8月中旬に見頃を迎えます。
 蓮の花の命は4日間。早朝花を開き、昼前後には閉じてしまいます。お近くに蓮の花を見られる場所があれば、ぜひ朝のお散歩に愛でにいかれてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 日枝神社の傍より, 身近な四季の風景 | 蓮の花とカワセミ はコメントを受け付けていません。

山王祭

 京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に、日本三大祭に数えられている「山王祭」が今年も6月7日から日枝神社で開催されています。

 徳川時代、江戸城内に入御した御神輿を、三代将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」として盛大をきわめたという山王祭(山王祭については詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください)。
 今年は、隔年の開催である「神幸祭」も行われ、総勢500名からなる約300mの祭礼行列が都心を練り歩きました。
 当事務所は日枝神社の真裏に位置しているので、神幸祭が開催された6月8日(金)は、夕刻になると遠くの方から笛の音や太鼓の音が聴こえてきました。思わず通りに出てみると、ちょうど山王坂を下って日枝神社に帰ってきている行列を観ることができました。

山王祭り2

山王祭り5

 この日は朝から気持ちの良い快晴で気温も高かったため、よく見るとみなさん日に焼けて顔が赤くなっていらっしゃいました。聞けば、行列は朝7時30分に出発したとのこと。本当にお疲れさまでした!

 今年の山王祭は6月17日まで開催されており、日中は日枝神社の境内で神楽囃子や太鼓、野点御茶席なども行われているようです。お近くにいらした際には、お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

あじさい②2018.06あじさい①2018.6

カテゴリー: 山王さんぽ, 日枝神社の傍より, 未分類, 身近な四季の風景 | 山王祭 はコメントを受け付けていません。

ご苦労様です!

「これ、何とかならないかな?」
 朝食後、出かける支度をしていた夫がスーツのズボンを差し出した。
見れば右の腰ポケットの端っこが擦れて破れている。いつもここからハンカチを出し入れしている動作が目に浮かぶ。
「クリーニング屋さんで、かけはぎもやっているから直してもらうわ。ついでに上着もクリーニング に出しておくから」
「よろしく」
 夫は別のスーツに腕を通している。
 クリーニングに出す前にポケットの点検に取り掛かる。何か入れ忘れていないか、他にも破けているところはないか、いつもより念入りに調べていると、男性スーツのポケットの多さに改めて気づかされる。何気に数えてみたら、上下で何と十二個もある。
 一体これらをどのように使っているのか、まだ時間の余裕がありそうなので聞いてみた。
「上着の蓋の附いている右のポケットにはいつも何を入れているの?」
「名刺ケース。その中に小さい隠しポケットがあるだろう、バッジとか小銭とか小物を入れるのに便利なんだ」
 左のポケットは聞かずともわかる。薬入れにしているのだろう。飲み終えた空のケースが残っていて、触るとシャカシャカと音を立てる。「飲み忘れ防止」のため放り込んでいるのだろう。ここならすぐに取り出せる。
 その上部の、胸のポケットはネクタイと釣り合うチーフをのぞかせ、これぞ男のお洒落とばかり強調するゾーンだが、お洒落と無縁な夫はメガネを差し込んでいる。
「ダサいわね……」
 次に内ポケットに移る。
「内側の胸の部分についている深めの蓋付きポケットだけど、何を入れているの? ボタンで蓋が閉まるようになってる」
「左には財布、右には手帳だよ」
 まるでスーツ内金庫。でも財布はカードがぎっしり詰まった二つ折りで、手帳は分厚いA6サイズ。これで妙な膨らみが出たり、重たくなったりしないのかな……?
 その手帳入れの下のポケットにインクが少し滲んでいる。ここにボールペンを挟んでいるのだろう。そのさらなる下のポケットは使いにくいのか未使用のようだ。
 最後にズボンのポケットについて聞くと、いつも右の腰ポケットにはハンカチ。左にはスマホ。そして臀部側の右ポケットにはパスモ。左にはキーケースを入れていると、すぐ答えが返ってくる。決めているのだろう。これでしめて十二個。
 女性ならハンドバックに入れるものを全てスーツのポケットに突っ込んでいる。まるで歩くハンドバックだ。
「もう行くからね」と、歩くハンドバッグは慌しく仕事に行った。
 本来スーツのポケットはこのように使うものなのだろうか。疑問に感じてネットで調べてみた。すると驚いたことに、あるサイトに次のように書かれていた。
「お洒落は足下からだけでなく、ポケットからという意識も持っておきましょう。世の中にはスーツのシルエットを保つためにポケットを縫いつけてしまう方もいるほどです。上着のポケットのマナーとして一番重要なのは物を入れすぎないことです。もしまだポケットを膨らませて仕事をしている方がいらっしゃいましたらすぐやめましょう」
 さらに続けて、今はタイト・スリムなシルエットが流行で、ダボッとしたスーツは時代遅れとさえ書いてある。
 そう言えば最近の若者は、ウェストが絞られていて、身体のラインが強調されているスーツを着ている。見た目もスマートで後ろ姿がセクシーだ。きっと彼らはポケットには何も入れず、全てビジネス用のバッグにしまっているのだろう。
pixta_22616750_S 彼らにとっては、スーツもファッションの一環として楽しむものかもしれない。だが、団塊の世代やそれに近い世代のおじさんたちにとっては、時代遅れであろうが、スーツは相変わらず戦闘服なのだ。服が型崩れを起こそうが、シルエットが乱れようが、形振り構わず全て詰め込んで、手ぶらで出かけていく。
 我が夫も然りだが、日々の言動を思い出しながらふと思った。ひょっとしたら夫がポケットに忍ばせているものは、生活のアイテムだけではないかもしれない。この不条理な世界を生きる「やるせなさ」、「悔しさ」、「忍耐」、あるいは「希望」や「ささやかな喜び」といったものも詰め込んで、パンパンに膨らませ、暑い日も寒い日も職場という戦場に向かい続けているのだろう。 
 いやはや、本当にご苦労様です!

カテゴリー: 思い出の風景 | ご苦労様です! はコメントを受け付けていません。

桜だより~2018~

新年度となりました。
この春、入学や進級、新社会人となる皆さま、おめでとうございます。
新天地でのご活躍を心からお祈りしております。

さて、桜が満開を迎えた先週(3月最終週)の東京都内は暖かな陽気に恵まれお花見日和でした。
裁判所へのお遣いの帰り道に、日比谷公園に立ち寄りました。

日比谷公園1

 

 

 

 

 

 

後ろに見えるのは霞が関の官庁群です。
この日は、日比谷公園でたくさんの方がお弁当を広げてお花見を楽しんでいました。
あたたかい春の日差しを浴びながら、桜の下でいただくお弁当は美味しそうですね♪

日比谷公園3

 

 

 

 

 

 

 

 

日比谷公園2

 

 

 

 

 

 

日比谷公園ではパンジーやチューリップなどほかの花々も見ることができます。
まさに都会のオアシスですね。

続いては、千鳥ヶ淵の夜桜の様子です。

まるで桜のトンネルの中を歩いているような体験ができる全国有数の桜の名所、千鳥ヶ淵緑道。ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜の木々が植わっており、観桜期には毎年100万人以上の人が訪れるそうです。夜にはライトアップされるということで、終業後に足を運んでみました。

桜2018_1

ちょうど満開を迎えた桜の木々は、昼間とはまた違う表情で魅了してくれました。
夜空には月が輝き、時折そよぐ風に花びらが舞って…。何とも贅沢なひとときでした。

桜2018_2

ボートにも乗ってみたいな~と思って係の人に聞いてみると、なんと1時間待ちとのこと!
この日は泣く泣く諦めましたが、ボートで夜桜花見デートなんて憧れますね。

桜2018_3

それにしても、川岸に咲く桜はどうしてこんなに美しいのでしょうか。いつまでも見ていたかったです。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 桜だより~2018~ はコメントを受け付けていません。

私の棄てた亀

「とっても縁起のいいものだから、これ貴女にあげるわ。私が作ったのよ」
と、知り合いのシゲ子さんが強引にずしりと重いものを手渡した。
 家に帰って、包みを開いて仰天した。八十枚ほどあろうかと思われる五円玉で作られた亀の飾り物だった。甲羅はどす黒く、目の部分のビーズが不揃いなため、目つきが悪く、こちらを睨んでいる。
 これのどこが縁起がいいのかわからない。不気味な亀はとりあえず箪笥の奥にぶち込んだ。
 ところが用事があって箪笥の引き出しを開けるたびに亀がにゅ~っと現れて、睨みつけるのだ。普段は忘れているので、不意を突かれていつもギョッとする。心臓に悪いこと、この上ない。
 段々亀を成敗せねばと思うようになった。
 だがお金で作られているので捨てられない。それでは五円玉を一つ一つ切りとって亀を解体しようかとも考えたが、凧糸がぎちぎちに結んであって鋏を入れるのも一苦労。
 それにそんなことをすれば、「私が作ったのよ」というシゲ子さんの声が聞こえてきそうで後ろめたい。
 あれこれ散々悩んだ後、素晴らしい考えが浮かんだ。我ながら画期的な解決法だった。早速亀を引きずり出して、小脇に抱えるとそのまま近所の小さな神社へ急いだ。平日の昼下がり、辺りを見まわしたが、境内には狛犬以外誰もいない。神殿の御戸の手前中央に、古びた木製の賽銭箱がどっしりと置かれてあった。これが亀の新居だ。
神社
 中を覗いて見ると、表面入口は数本の細い棒で垂直に仕切られ、その奥は中心部を空けて、二枚の板が下向き平行に被さりあっていた。硬貨や紙幣なら問題なく通過出来そうだが、亀はどうか……強行突破するしかない!
「さあ亀ちゃん、お引越しだよ」と、ぎゅっぎゅっと押し込んだが、亀はいやがって土壇場で懸命にふんばり、なかなか入ろうとしない。往生際の悪い亀め!と、こちらも必死でねじ込むと、ついに根負けしたのか中へ落ちていった。ドサッと、乾いた木の底に当たった音がした。賽銭が少ないようだ。
「神主さん、この亀を差し上げます。とても縁起のいいものだそうです。きっと貴方のお役に立ちます」
 鈴を鳴らし、拍手をしこたま打った。
 帰る途中、心が晴れ晴れして、笑いがひとりでにこみあげてきた。

カテゴリー: 思い出の風景 | 私の棄てた亀 はコメントを受け付けていません。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

 暦の上ではまもなく春に立つというのに、まだまだ寒い日が続いています。都内には1週間前に降り積もった雪が今なお点々と残っており、春の穏やかな陽の光が待ち遠しい今日この頃です。

雪の結晶2

 さて、昨日は世界中でどれだけの人が夜空を見上げたでしょうか。
 ナショナルジオグラフィックの記事によると、昨晩のような「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれる月を地球から観測できるのは35年ぶりだそうで、南北アメリカ大陸にいたっては実に150年ぶりとのこと。非常に珍しい出来事のようです。

 一般に、ひと月に2回満月が訪れる現象を「ブルームーン」(月が青くみえるから、ではないそうです)、月が地球に接近した際に見える月を「スーパームーン」、さらに皆既月食により食の最大時に月の表面が赤っぽく見える月を「ブラッドムーン」と呼ぶそうで、この3つが重なった現象を「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と言うそうです。

 そんな貴重な月の様子を、昨日事務所スタッフの家族が撮影しました。

月3月2

月1月4

 月はなぜ赤くなるのかしら?など興味をお持ちになった方は、こちらのナショナルグラフィックの記事「31日はスーパーな皆既月食、35年ぶり」をご覧ください。また、こちらの「とても美しいスーパームーンの写真11点」の記事も素敵です。

2018梅とカワセミ

 最後は、いまかいまかと咲き誇らんとする梅のツボミを背景に凛と佇むカワセミの写真をどうぞ。画像を通して澄みきった空気が感じられるようですね。
 関東では今晩から明日の朝にかけて再び雪が降るようです。まだ見ぬ春を待ちわびつつ、どうぞあたたかくしてお過ごしくださいませ。

カテゴリー: 身近な四季の風景 | スーパー・ブルー・ブラッドムーン はコメントを受け付けていません。

新年あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。

堀内法律事務所は1月9日(火)より営業を開始しております。

2018雪とカワセミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018座っているカワセミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年が皆様にとって素晴らしい1年となりますように。

カテゴリー: 事務局だより, 思い出の風景, 未分類, 身近な四季の風景 | 新年あけましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

年末年始休業のお知らせ

師走をむかえ、寒さも本格的になってまいりました。
仕事を終えて事務所を出ると、澄みきった空気の中、通りのイルミネーションがキラキラと輝いています。

さて、当事務所の年末年始休業は、
2017年12月28日(木)より2017年1月8日(月)まで
とさせていただきます。

晩秋とカワセミ

年の瀬のご挨拶としては少し早いですが・・・
今年も大変お世話になりました。

新年は1月9日(火)より平常どおり業務を開始いたします。
何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | 年末年始休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

イケメンに限る

 診察室の扉を開けると真っ先に、
「お待たせしてすみませんね」と、西岡先生がにこやかに言う。その爽やかな笑顔が大好きな私は、かなり待たされたにもかかわらず、「いいえ」とにっこりしてしまう。
 西岡昇先生は、虚弱な胃腸に年中悩まされている私の守護神である。見立て良く、優しく、尚且つ医者にしておくにはもったいないほどのイケメンなので、私としては「言うことなし!」なのだが、他の人たちも私と同じらしく、クリニックがめちゃ混みなのが唯一の欠点だ。
 イケメンと言ってもいろいろタイプがあるが、先生は涼やかな貴公子系。それでいて、頼もしい医師なのである。年齢は四十代の後半ぐらいだろうか。
「今日はどうしましたか?」言葉も丁寧でソフト。
「また胃の調子が悪いのですが、今回は胃より背中が痛くてたまりません。食欲が無くて、とてもだるいです。もしや膵臓でも悪いのかと、心配になってきました」
 この症状をネットで調べたら膵臓癌と出た。
「そうですか。患者さんが背中の痛みを訴えられたら、私たち胃腸科の医師は、まず膵臓を検査します。では検査をしましょう」
 というわけで、検査室のエコーで膵臓を診てもらうことになった。
 検査を受けながら、何年も前に同じように背中の痛みで診察してもらい、酷い目にあった医師のことが思い出された。彼は野獣系。
「先生、背中がとても痛いのです。もしかして、膵臓癌ではないでしょうか?」
 その質問が悪かったのか、医師はみるみる不機嫌になり、
「プロの医者はとっくにそんなことは考えながら診察をしている!ど素人の判断は無用!」
と、大声で怒鳴った。
 肉厚な顔が憤怒の形相を呈してまるで仁王のようだった。驚愕した私はひたすらお詫びしてほうほうの体で退散した。背中の痛みはショックで遠のいたが、悔しくてならなかった。きっと彼は何かコンプレックスがあって医者になったに違いない。おそらく若き日の決して癒えることのない傷が仁王に変身させてしまうのだろう。
 腹立ちまぎれに考えたことだが、我ながら納得がいって、仁王さまを許すことができた。
「膵臓はきれいで心配ないです。でもお昼に食べたものが、まだ消化されずに胃にとどまっているようです」
 診察室に戻ると西岡先生は私のカルテを丹念に見ながら、
「疲労やストレスが貯まると、背中のほうにまで響いてくることがあります。新しい薬を処方しますからそれを飲んで様子をみてください。念のため血液検査もしておきましょう。これで悪いところがあったらすぐ連絡しますが、心配ないと思いますよ」
と、またにこやかに言った。整った顔が一段と眩しく思えた。これだから西岡先生って、素晴らしい! この優しさは本物のイケメンだけに備わった「天性のゆとり」なのではないかと私は推察している。故にホームドクターはイケメンに限る。
 その後、私の胃腸はまた順調に働き出している。新薬が効いているのかもしれないが、私の場合、なんと言っても、西岡先生のあの爽やかな笑顔のおかげと感謝している。

25_mandoc_01

テーマ「扉を開ければ・・・」

カテゴリー: 未分類 | イケメンに限る はコメントを受け付けていません。

Fly me to the moon

今年も残すところあと2カ月となりました。
先週末の台風一過の後、都内では木枯らし一号が吹きました。
いよいよ冬の足音が近づいておりますが、
季節の移り変わりの早さについていくのが精いっぱいです。
もうしばらく秋に浸りたいような、そんな気分です。

そこで、秋といえば「月」ですね。

月とカワセミ

 

 

 

 

 

 

 

月は眺める人の気持ちによって
悲しくなったり、嬉しくなったり、妖しくなったり、いろいろです。

「月」にまつわる短歌・俳句をご紹介したいと思います。

 「鎌倉の月高まりぬいざさらば」 

作者 阿波野青畝(あわのせいほ)1889~1992

阿波野青畝は高浜虚子の高弟でした。久しぶりに鎌倉で師と会い、共に過ごし、
いよいよ別れが迫ってきた夜に詠んだのがこの句です。
ふと見上げれば美しい月が輝いている。
それを見ていると、高齢な師とますます別れ難くなるが、
断ち切るように気持ちを切りかえた。
「いざさらば」に青畝のせつない心情がくみ取れます。

「月見ればちぢにものこそ悲しけれ、わが身ひとつの秋にはあらねど」大江千里

(現代語訳:月を見ると、いろいろと物事が悲しく感じられる。私ひとりの秋ではないのだが。)

先人たちは、月を見るとなにか物悲しくなったり、故郷が恋しくなったり、
あるいは大切な人を思い出したりしていたのでしょうか。

ジャズのスタンダード、
「Fly me to the moon」という現在でも歌い継がれる名曲があります。
旋律も歌詞もとてもロマンチックです。
月は人をロマンチックな気分にもさせてしまうのですね。

邦楽で月が出てくる曲といえば、
昭和の名曲『月がとっても青いから』が思い浮かびます。
(スタッフの60代の父親がカラオケで良い気分になると歌う曲です)
初めて聴いた時、え?月が青い?と少し驚きましたが、
「青い月」を想像してみると、なんだか幻想的でロマンチックだと思いませんか。
秋の夜長に遠回りして帰りたくなるような、そんな魅力が月にはあるのでしょうね。

夏目漱石のような月愛好者もいるし、月を見ると悲しくなる人もいるようです。
本当にいろいろですね。
そこが面白いです。

 

カテゴリー: 身近な四季の風景 | Fly me to the moon はコメントを受け付けていません。