堀内法律事務所

弁護士費用について

原則として日本弁護士連合会の旧報酬等基準規程に準じています。
事件受任時に委任契約を締結し、その際費用について明記致します。

弁護士費用の種類と用語

法律相談料 法律相談を行った際にお支払いいただく費用です。
書面による鑑定料 ご依頼いただいた事柄に関して、法律上の判断や意見を記載した書面を作成した場合の費用です。
着手金 事件のご依頼を受けた際にお支払いいただく費用です。
事件が終結するまでの、訴訟活動や交渉、書面作成などにかかる費用です。
報酬金 事件が成功に終わった場合に、その成功の度合いに応じてお支払いいただく費用です。
手数料 契約書や内容証明郵便、株主総会指導、遺言執行などのように、原則として一回程度の手続きで終了する事件の処理についてお支払いいただく費用です。
日当 弁護士が遠隔地の裁判所などに赴いた場合にお支払いいただく費用です。
実費 弁護士費用とは別途にお支払いいただく費用です。
裁判所へ納める収入印紙代や切手代、通信費、交通費、供託金、保証金、保管金等があります。
顧問料

顧問契約によって継続的に行う法律業務に対してお支払いいただく費用です。

顧問契約を締結していただいた場合は、日常的な法律相談や簡易な法律文書の作成、また契約書のチェックなどについて、迅速かつ的確に対応させていただきます。尚、ご依頼の件数や業務内容によっては、顧問料の他に、別途費用が発生する場合があります。

弁護士費用の概要

以下の概要は目安です。(各別途消費税)
事案毎の具体的な費用についてはご相談ください。

法律相談料

法律相談料は初回無料です。

(以降の費用については、初回時にご相談させていただきます。)

着手金・報酬金 参考例(事件の難易度により増減します。)
経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円超
3000万円以下
経済的利益の5%
+90,000円
経済的利益の10%
+180,000円
3000万円超
3億円以下
経済的利益の3%
+690,000円
経済的利益の6%
+1,380,000円
3億円超 経済的利益の2%
+3,690,000円
経済的利益の4%
+7,380,000円

※経済的利益とは、事件によって依頼者が得られる利益のことをいいます。※事件毎に算定の可否や算定方法が異なりますので、ご相談ください。

手数料 主な委任事務とその手数料の例です。
内容証明郵便作成 30,000円~
契約書作成 100,000円~
(難易度、契約書の持つ経済的な意義の大きさに応じて異なります)
遺言状作成 100,000円~
(遺産の多寡、内容の多少、複雑度に応じて異なります)
日当 半日(往復2時間を超え4時間まで)30,000円以上50,000円以下
一日(往復4時間を超える場合)50,000円以上100,000円以下
実費 案件ごとに概算の金額をお支払いいただき、終了後に明細を提示して、残額は返金いたします。

当事務所へのアクセス

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-1
永田町山王森ビル2F

Tel:03-3504-3681

Fax:03-3504-3682

平日 9:30~17:30(土日祝休み)

詳しくはこちら»

お問い合わせはこちら

ブログはこちら

ページトップへ