堀内法律事務所のブログ「止まり木」にようこそ。

当ブログでは、事務所のスタッフ(+α)が、身近な四季の風景や、思い出の風景、 おすすめの本の紹介などを綴りながら、 ここでちょっと羽休めをしております。

お時間がおありでしたら、止まっていってください。

【本の紹介】『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』

三浦英之著『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』(小学館)

 

 

 

 

 

 

ゾウについて私が知っていることと言えば、かあさんも鼻が長いとか、
まれに耳で空を飛ぶ子ゾウがいるらしいということくらいである。
実物を見たことは数えるほどしかないし、自分が見たゾウがアフリカゾウなのか、それともアジアゾウなのかの区別もつかない。
しかし、いま、アフリカゾウは、私たち日本人が「知らなかった」では済ませられないような危機に瀕している。

アフリカゾウは、密猟によって、あと一世代で滅亡するかもしれないというのだ。

本書は、アフリカゾウの密猟組織に可能な限り近づいた取材に基づくノンフィクションであり、インタビュー対象者への接触方法やインタビューの内容、汚職が蔓延している東アフリカ諸国の実情などは非常にスリリングで読み応えがある。
しかし、それ以上に衝撃的だったのは、私たち日本人が、そうとは知らずにアフリカゾウの滅亡に加担してしまうかもしれないということである。

アフリカゾウの密猟の目的は象牙の密売であり、その主な密輸先は中国、そして日本だという。
日本では、象牙は主として印鑑の材料として用いられており、高級印材として人気がある。印鑑の販売サイト等を見ると、そこで売られている象牙の印鑑は、ワシントン条約で象牙の国際取引が禁止される以前に日本に入ってきた象牙を加工したものであり問題はないなどとされている。
しかし、密輸された象牙がそのような正規品として流通してしまうことは想像に難くない。正規品が存在するという状況がかえって密輸品を流通させてしまうということにもなり得る。
したがって、象牙の消費国が国内での取引を禁止しない限り、アフリカゾウの密猟は無くならないことから、国際社会では象牙の取引を禁止する流れが主流になっている。この流れの中で、象牙の最大の消費国であった中国は、2016年に国内取引禁止を決めた。このままでは日本が唯一の象牙の消費国になる可能性がある。

*参考映像:WILDAID Japan Ivory
https://www.youtube.com/watch?v=yw6OQD91EVg

一度滅亡してしまった動物を復活させることは出来ない。
一方で印鑑は象牙でなくても作ることが出来る。
象牙の消費は、アフリカゾウを地球上から滅亡させるリスクを生じさせてまで維持する必要があるだろうか。

象牙の密輸はテロ組織の資金源にもなっているという。
2015年にケニアの大学で起きた大規模なテロ事件(学生ら140人余りが殺害された)の生存者である青年は、著者にこう言った。
「日本人は象牙を買いますか?」

カテゴリー: おすすめの本, 未分類 | 【本の紹介】『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』 はコメントを受け付けていません。

魅力的な海の生き物たち

早いもので、令和元年を迎えて1ヶ月、2019年も半分が過ぎようとしています。

昨年は記録的な猛暑となりましたが、今年はどうなるでしょうか。

暑い夏を迎える前に少し涼しげな写真をお届けしたいと思います。

先日、千葉県鴨川市の鴨川シーワールドへ行きました。

鴨川シーワールドは、房総半島の外房に位置し、眼前には雄大な太平洋が広がる、千葉県が誇る水族館です。

なぜ、鴨川シーワールドに行こうと思い立ったかというと、昨年NHKで放送された知床のシャチの生態と特集した番組を見て、シャチの知能の高さと力強さに驚かされたからです。

日本で実物のシャチを見ることができる水族館は、ここと名古屋港水族館の2カ所だけだそうです。

 

シャチは専用のプールで泳いでおり自由に鑑賞できます。

また、1日に数回、そのプールで行われるパフォーマンスショーを見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑休憩中のシャチ。

鴨川シーワールドのシャチは、人間の飼育下にあっても、プールで泳ぐ姿は堂々とした海の王者の貫禄がありました。

シャチのショーでは、シャチが客席に水しぶきを豪快に浴びせるパフォーマンスがあるため、前から8列目あたりまではカッパが必須です。

筆者は安全地帯の後方の席で静かに鑑賞しました。が、濡れる覚悟で前方の席で鑑賞すれば迫力あるシャチのパフォーマンスを間近でみることができます。

但し、靴の中まで水浸しになります…(笑)

シャチはとても知能が高く、家族単位で助け合いながら生活しているそうです。

ただ、野生のシャチの生態はまだ解明されていない部分も多くあり、とても神秘的な魅力があります。

 

 

シャチの他にもたくさんのお魚を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ベルーガ。シャチと同じ哺乳類でおでこのコブが特徴的です。

ベルーガ独特のコミュニケーションの様子(エコーロケーション)などもショーでみることができとても面白いです。

 

その他にも水槽にたくさんのお魚がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ファインディング・ニモで有名なカクレクマノミ。
イソギンチャクと共生します。

 

他にもたくさんのお魚たちを見ることができます。

都心から車で約2時間。

心身のリフレッシュがてら行かれてみてはいかがでしょうか?

 

(以下、鴨川市のホームページより抜粋)

鴨川シーワールドでは、「海の世界との出会い」をコンセプトにした、生命の大切さとふれあいのすばらしさを感じ、楽しく学ぶことのできる日本を代表する水族館です。

海の王者シャチをはじめ、ベルーガやイルカ、アシカのパフォーマンスのほか、自然環境を再現した展示を通して800種11,000点の川や海の動物たちに出会うことができます。

 

 

 

鴨川シーワールドホームページ

http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

 

 

カテゴリー: 思い出の風景, 身近な四季の風景 | 魅力的な海の生き物たち はコメントを受け付けていません。

父の朝食

 

 

 

 

 

 

子供の頃家中に漂うコーヒーの香りで目が覚めた。

早起きの父が手動のミルと
サイフォンを使って、毎朝欠かさずコーヒーを淹れていたからだ。

 

「これを飲まないと一日が始まらないからね」
父はいつもそう言っていた。
コーヒーをおいしく味わうために、それに合う朝食も父が調える。

 

 

 

 

 

テーブルの中央に透明な蓋のついた黄色の食パンケースが置かれ、その周りには、瓶の小岩井のバター、雪印の北海道チーズ、いつも繁華街の明治屋で買ってきたジャムやアメリカ製のピーナッツバターなどが並ぶ。

出窓の棚ではポップアップトースターが食パンを待ち構え、その横の真空管のラジオから軽音楽が流れだしている。花の模様のついた魔法瓶もお湯をたっぷり湛えてテーブルの端でぴったりスタンバイ。

 

壁の柱時計が7時を告げかかる頃、季節の野菜や果物をテーブルに載せ、ゆで卵器から家族分のゆで卵をとりだすと、支度は完了。
父親が用意するこんな朝食を当たり前のように家族で食べていたが、昭和四十年前後の北陸地方では稀な光景だったかもしれない。

時代は昭和から平成となり、さらに令和になろうとしているが我が家の朝食は、あの頃父が用意してくれたものと変わりがない。

大きく違うのは、コーヒーが紅茶に変わったことである。
毎朝アッサムのミルクティーを飲まずには私の一日は、スタートしないのである。

 

いよいよ令和時代到来です。

新しい時代がみなさまにとって
いい時代でありますように。

カテゴリー: 思い出の風景 | 父の朝食 はコメントを受け付けていません。

桜の季節~都都逸で桜を愛でる~

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様 季節がめぐりまた春がやってきました。春といえば桜です。
和歌や俳句、軍歌や辞世などで様々に表現され、愛され続けてきた桜ですが、
今回は都都逸と組み合わせて桜を愛でたいと思います。

 

察しておくれよ花ならつぼみ 咲かぬところに味がある
(乙女心です・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしゃ奥山一もと桜 八重に咲く気はさらにない
(気高い一本桜。東山画伯の絵を思い出します)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほど惚れたる素振りをするに あんな悟りの悪い人
(恋オンチ!・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惚れたはわたしが重々悪い 可愛と云つたはぬしの罪
(ぬし様、accountabilityは?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢に見るよじゃ惚れよがうすい 真に惚れたら眠られぬ
(寝てるヒマがあったら会いにきて・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲いた花なら散らねばならぬ 恨むまいぞえ小夜嵐
(小夜嵐・・・夜に吹く嵐)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*都都逸とは?*

都都逸は江戸末期に流行した俗曲の一つ。源流は「よしこの節」。
「どどいつどいどい」と囃すようになり「どどいつ節」と呼ばれました。
初代都々逸坊扇歌が節まわしを完成し、三味線の伴奏で洒落た歌詞を即興で
唄ったところ、評判となり「都々逸」などの字があてられました。(有力説)
基本的には七・七・七・五の音数律に従って作られています。
男女の恋愛が主なる題材だったので、「情歌」とも呼ばれ、寄席や座敷などで音曲師によって唄われました。
参考 ウィキペディア(Wikipedia)

カテゴリー: 身近な四季の風景 | 桜の季節~都都逸で桜を愛でる~ はコメントを受け付けていません。

麹町グルメ~麹村~

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。
ここ千代田区平河町でも、段々と春が近づいて参りました。

お昼時に事務所を出ますと、
通りを行き交う人々の足取りも、なんだか軽やかに感じられます。

本日は、麹町グルメ第2回、和定食のお店をご紹介します。
伺ったのは、「麹村」さん。

事務所を出て左手徒歩1分、お店の前には連日行列ができる、人気店です。

 

 

 

 

 

 

 

コントラストの効いた外観、お店の周辺には、すでに和風だしの良い香りが漂っています。期待が高まります!
どのメニューも魅力的でまよってしまう方には、お店の1番人気「松花堂弁当」がおすすめだそうです。スタッフの一人もこちらをセレクト。

 

 

 

 

 

 

 

品数が多くとてもヘルシー!

お料理が出てくるのもとても早いです。

他のスタッフは

刺身定食

 

 

 

 

 

 

 

豚角煮定食

 

 

 

 

 

 

 

どちらもとても美味しかったです。
角煮定食は、豚肉の脂がほんのり甘く、大根の煮付けも優しい味付けです。
食べ終わったあともさっぱりとした味わいです。

どの定食も、ボリュームはありますが、柔らかい味付けで、
食後はほのかな満足感に満たされます。
お会計の際に、乳酸飲料がお土産でいただけます。

これで午後のお仕事にも集中して取り組むことができました。

お近くに立ち寄られた際には、是非麹村のヘルシーな和定食を味わってみて下さい♪

ごちそうさまでした!

麹村ホームページ https://koujimura.owst.jp/

カテゴリー: 麹町グルメ, 麹町・紀尾井町・平河町 | 麹町グルメ~麹村~ はコメントを受け付けていません。

本の紹介『トリノトリビア』後編

 

『トリノトリビア』後編~

 

 

 

 

 

 

 

 

その2「カワセミの脚は極端に短い」

(以下5章 けっこうすごい鳥のからだ より)

 鳥類学者の川上先生曰く、

カワセミは青く美しい鳥で、 バードウォッチングで人気のある種です。 この鳥の名は漢字で翡翠と書き、同名の宝石の名の由来ともなっています。しかし、その脚を観察するのは容易ではありません。何しろ極端に短いのです。(p147)

ええっ!先生本当ですか? Kingfisherなのに・・・短足の王様とは・・・

ちょっとがっかり。

それを証明するのがこの写真 ↓ 確かに短足!

カワセミは水辺にすむ鳥で、水辺にすむ鳥たちは水や草に邪魔されずに移動するために長い足が不可欠であると、書いてある。何故カワセミは短足なのか?サギやツルとは比べようもないが、では他の鳥とはどうだろうか?

そこで登場いただいたのは以下の鳥たち。

ウグイス(ホーホケキョ!)

ハクセキレイ(おすまし)photo by tsukumocchi

メジロ(もう春だよ~)

ノビタキ(塩顔のイケメン?)

 

みんな脚が長い。   

何故カワセミは短足なのか? 

実はその理由を川上先生はちゃんと明記されている。空中から急降下して魚を得るときに、脚が長いと水の抵抗が大きくなり失速する。美しい流線型を実現する短足は優秀な漁師の証拠であると。ちなみにカワセミが獲物を定めて捕らえるまでの時間は7~8秒、まさに目にもとまらぬ早さだそうだ。(『野鳥記』平野伸明 福音書店より)

さらに川上先生によれば、

カワセミは、ときには1メートルにもなるトンネルを川辺の崖に掘り、その中に営巣します。もしも脚が長ければ、細いトンネル内を歩くのは至難の技です。この空間では、短足こそが機能的なのです。彼らにとって脚は短ければ短いほどカッコよいのです。

ここで納得!(へぇ~ボタンの連打)

王者は みかけより実力 ということですね!!


 

カテゴリー: おすすめの本, 思い出の風景, 未分類, 身近な四季の風景 | 本の紹介『トリノトリビア』後編 はコメントを受け付けていません。

本の紹介~『トリノトリビア』前編

昨年読んだ本で面白かったのは鳥類学者川上和人さんの『トリノトリビア』(株式会社東西社発行)だった。

川上和人著『トリノトリビア』(株式会社東西社)

「はじめに」の部分で川上さんが鳥はいまだに謎に満ちた存在だと言っているがその通りだと思う。その謎を実に愉快に解き明かしてくれている。文章が軽妙で、わかりやすくて、読みながら心の「へぇ~」ボタンを押しまくった。

さらにこの本にはマツダユタカさんのマンガが付いているが、このマンガの鳥たちが実に親しみやすく愉快なのだ。

当事務所のシンボルのカワセミは2回登場している。それを紹介したいと思う。

その1「カワセミは魚をさしだしプロポーズ」(以下3章鳥たちの恋愛事情より抜粋)

カワセミのオスは、繁殖期には魚を捕まえてメスに渡します。メスはオスが気に入ると魚を受け取って交尾が行われます。オレって、こんなにじょうずに魚が取れるんだぜ! というアピールと同時に、これから卵を産み、抱卵するメスの栄養補給もできてしまう、一石二鳥の求愛です。しかもメスが食べやすいように、捕らえた魚をぴったんぴったんと止まり木に叩きつけて動きを止め、飲みこむときにうろこが引っかからないように、ちゃんと頭をメスに向けて渡します。何というやさしさ、なんという細やかな心づかいでしょう。(P100 ~101)

それを証明する写真を探してみたら、このとおり!

多摩大学大学院教授の田坂広志氏が自分の中に静かな自信が実ったとき、自然に現れてくる資質,それが謙虚さだと、「風の便り159便」で語っているが、やさしさや細やかな心づかいも同じではないだろうか。

カワセミは英名ではKingfisher. 自信に満ちた王の資質なのだろう。

その2「カワセミの脚は極端に短い」は次号に続く。

カテゴリー: おすすめの本, 身近な四季の風景 | 本の紹介~『トリノトリビア』前編 はコメントを受け付けていません。

新年明けましておめでとうございます

堀内法律事務所は平成31年1月7日(月)より業務を開始しております。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始の帰省の飛行機から見えた富士山をパシャリ。

いつ見てもその荘厳な姿に目を奪われます。

カテゴリー: 未分類 | 新年明けましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

年末年始休業のお知らせ

今年も残すところあと僅かとなりました。

今年は暖冬とのことですが、ここ数日は朝夕の冷え込みが厳しく本格的な冬の到来を感じます。

さて、当事務所の年末年始休業は、
2018年12月29日(土)より2019年1月6日(日)まで
とさせていただきます。

新年1月7日(月)より平常どおり業務を開始いたします。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。



カテゴリー: 未分類 | 年末年始休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

麹町グルメ~PARK SIDE TABLES~

こんにちは。

早いもので今年も残すところあと1ヶ月となりました。

ひんやりとした空気に本格的な冬の訪れを感じる今日この頃ですが、澄んだ空気のおかげで雲ひとつない青空が見られるのはこの季節の楽しみでもあります。

さて、本日は事務所最寄り駅である麹町駅近隣のグルメをご紹介したいと思います。

本日ご紹介するのは、

「PARK SIDE TABLES~パークサイドタブレス~」

麹町駅2番出口から徒歩2分、紀尾井町ビルの2階にあるカフェです。

この日はランチタイムにお伺いしました。

11:30の開店と同時に、近隣オフィスのOLさんやビジネスマンなどで

あっという間に店内は満席となりました。

ランチタイムでは、メインのお料理にサラダビュッフェがついてきます。

色とりどりのお野菜やフルーツをたくさんいただけます。

ドレッシングも3種類ありました。



メイン料理のパスタはズワイガニのパスタにしました。

クリーミーでとっても美味しかったです。

ドリンクバーもついており、フレッシュジュースなどがいただけます。

やはりサラダバーやドリンクバーが人気のようで、

9割方は女性のお客様でした。

女性にとって、美味しいお野菜がたくさんいただけるのは嬉しいですよね。

窓からは清水谷公園が見えとても開放的な空間。

お茶やケーキをいただきながらゆったりと午後の時間を過ごすのも良さそうです。

ちょっとしたミーティングや女子会にも良いのではないでしょうか。

ぜひまた訪れてみたいカフェです。

パークサイドタブレス(PARK SIDE TABLES)

紀尾井町ビルの1階には大きなクリスマスツリーが。

これから街中のいたるところでクリスマスの装飾を目にすることになりますが、

クリスマスツリーを彩るオーナメントはどれもキラキラとしてかわいらしく、

見ているだけでわくわくします。





カテゴリー: 未分類, 麹町グルメ, 麹町・紀尾井町・平河町 | 麹町グルメ~PARK SIDE TABLES~ はコメントを受け付けていません。